スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/16頭が良くなるニューズ 

おはようございます。11/16日のニュースです。

---民主・小沢氏が大阪入り、辞任騒動を陳謝---

民主党の小沢一郎代表は15日午後、大阪市長選(18日投開票)の激励のため大阪入りし、連合大阪と候補者の選挙事務所をそれぞれ訪問した。
同日夜には*鳩山由紀夫*幹事長も大阪市で街頭演説などを実施。
福田政権初の政令市長選で、勝敗が国政に影響するだけに、告示日の4日に端を発した小沢氏の辞意を巡る一連の騒動の波紋を打ち消そうと、火消しに躍起となった格好だ。
小沢氏は15日、連合大阪の幹部を前に「私の不徳の致すところで迷惑、心配をかけた」と陳謝。
その上で「(大阪は)日本の第2の都市。結果の影響は非常に大きい」として、更なる支援を訴えた。
*鳩山由紀夫*
1947年2月11日生まれ 東京都文京区出身。東京大学、スタンフォード大学大学院卒業。
曾祖父、祖父、父も政治家である政治家一族。母はブリジストン創業者石橋正二郎の長女。
1988年にレコード「Take HEART~翔びたて平和の鳩よ~」をテイチクレコードから発売している。
好きな漫画は桂正和の『I"s』(アイズ)であると週刊誌の取材で語ったことがある。

---いじめ、06年度急増12万件 聞き取り重視の結果---

全国の学校で06年度に確認された*いじめ*は12万4898件にのぼることが、文部科学省が15日発表した「問題行動」の調査で分かった。
05年度の約2万件から一気に約6.2倍に増えた。
同省は増加の理由として、子どもを取り巻く状況よりも、いじめの定義や調査方法を今回から変えたことや、学校側の姿勢の変化が大きいとみている。
06年秋にいじめが社会問題化したことを受けて、文科省は、いじめの定義から「一方的に」「継続的」といった限定的な表現を削除。
公立校に加え、国立・私立の計約2500校を初めて対象としたほか、アンケートなどで子どもから直接聞く機会を設けることも求めた。
その結果、小・中・高・特殊教育諸学校(現在は特別支援学校)の55%にあたる2万2159校で1件以上のいじめが確認され、約81%の10万1089件は「解消」しているという。
学校別にみると、小学校約6万1000件(05年度の約12倍)、中学約5万1000件(同4倍)、高校約1万2000件(同6倍)、特殊教育諸学校384件(同5倍)。
内容では、ひやかしやからかい(66%)、仲間はずれや集団で無視(25%)が多く、パソコンや携帯電話での中傷などは4%だった。
件数は都道府県によって差があり、熊本県では前年の約125倍となる1万1205件を記録。これは全国の1割弱に当たる。1000人あたりでは、熊本の50.3件が最多で、(2)福井(3)岐阜(4)石川(5)大分と続く。熊本と最少の鳥取(2.1件)では、25倍の開きがあった。
この差は、調査手法の違いも影響したとみられる。
調査では、いじめ以外の問題行動も調べている。暴力行為は過去最多となり、小中高の総数で4万4621件。神奈川7049件、大阪5816件の両府県で全体の3割近くを占めた。
*いじめ*
文部科学省の07年1月19日づけの定義では
「子どもが一定の人間関係のある者から、心理的・物理的攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」
「いじめか否かの判断は、いじめられた子どもの立場に立って行うよう徹底させる」
また以前と変わり、具体的ないじめの種類については「パソコン・携帯電話での中傷」「悪口」などが追加された。いじめの件数についても「発生件数」から「認知件数」に変更された。

---10月首都圏マンション発売戸数は‐9.1%、契約率も70%割れ 不動産経済研究所---

民間の不動産経済研究所が発表したマンション市場動向によると、10月の首都圏マンション発売戸数は5731戸で、前年比9.1%減少した。減少は2カ月連続。同月の首都圏のマンション契約率は62.5%で、好不調の分かれ目とされる70%を3カ月連続で下回った。
マンション販売在庫数は8582戸で、前月比688戸増加となった。1戸あたりの価格は4693万円となり、前年比8.0%上昇した。
供給の減少については、人気の高い東京都区部でのデベロッパーの物件売り惜しみ、郊外での在庫積み上がりによる在庫調整圧力があるという。10月の在庫水準は2004年2月の8755戸以来の高いものとなった。
契約率も1998年1月の62.2%以来の低水準となった。区域別にみると、都区部が70.4%と辛うじて70%を上回ったほかは、すべて70%を下回った。特に東京都下と埼玉では50%台にまで落ち込んだ。
この背景には、価格の上昇があるという。10月の平均価格は1992年(5066万円)に近い水準に上昇しており「*団塊ジュニア*にはハードルが高く」(同研究所)なっている。
 一方、近畿圏のマンション発売は前年比14.8%減の2648戸となった。契約率は78.1%と今年最高を記録したが、大型の人気物件の供給があったためという。
*団塊ジュニア*
日本において1970年代前半の第二次ベビーブーム(1971年~1974年)で生まれた世代である。第二次ベビーブーム世代とも言う。世代人口は団塊の世代(第一次ベビーブーム世代)に次いで多い。
イチゴ世代とも呼ばれるが、これは1980年代後半に彼らが15歳を迎え、消費対象として注目された時期に使われた言葉である。
単に『「団塊の世代」の親を持つ子供』という意味で使われることもあり、この場合は上記の時期以外に生まれた人も含まれる(真性団塊ジュニア世代。1972年~1981年生まれ)。
団塊ジュニア世代は人口の多さから、子供の頃より入学試験などの競争を強いられ、特に大学入試に至っては「入りたい大学より入れる大学」、「一浪は常識、二浪は普通」という言葉が飛び交う程の激戦であったが
大学卒業間近には就職氷河期が到来し、不況による厳しい就職活動を強いられたことによって「不運の世代」とも呼ばれている。
団塊ジュニア世代はオタク第二世代(1970年前後生まれ)の後半に重なり、アニメ、漫画、コンピューターゲームといった1980年代から1990年代の若者文化を担った。
親世代の基礎理念の影響で、アダルトチルドレン化する年代もこの世代に集中する

---キティちゃんストラップで電車ストップ JR大阪環状線---

15日午後7時55分ごろ、大阪市都島区のJR大阪環状線桜ノ宮駅で、停車中の桜島発天王寺行き外回り普通電車のドア1カ所が閉まらず、発車できなくなった。
車掌が点検すると、約2センチ大のキティちゃんの人形が、女性専用車両のドアの溝部分に挟まっていた。乗客の携帯電話の*ストラップ*から外れたとみられる。
電車は約20分後に運転を再開したが、後続の21本に運休や遅れが出て、約2万人に影響した。
*ストラップ*
一般的には紐のことを指す。
日本では携帯電話の普及にともない、それに付ける提げ紐のことを指すことが増えた。
形状は色々なものがあるが、一般的なものは対象物に固着するための細い輪と、手首等に通すための紐で構成されている。
この紐部分には様々な色や模様が付いているものがあり、素材もビニール、ポリエステル、革など多種にわたっている。また、根元部分に小さなアクセサリやマスコットなどが付いていることも多い。
携帯電話等を彩るためにも使用され、現代の根付とも言える。
値段が比較的安価で軽いので、手軽な土産物としても売られ、販促品として飲料、食品に付くことも多い。ミュージシャンなどのファングッズでは欠かせないアイテムとなっている。

---松井秀、右ひざ手術成功 直後に空腹満たして早期始動を宣言---

ヤンキースの松井秀喜外野手(33)が、ニューヨーク市内の病院で*ひざ関節痛*治療の為の右ひざの内視鏡手術を受けた。関節内の軟骨を除去する手術は成功し、午後には退院。
経過も良好とあって「あしたからエクササイズを始めたい」と早期始動を明言した。また、退院直後には日本料理店に直行して空腹を満たすなど、術後とは思えない超人的な行動で周囲を驚かせた。
早朝の午前5時45分にニューヨーク市内の病院に入り、約1時間の手術を受けた。米NFL・NYジャイアンツのチームドクターでもあるスコット・ロデオ博士が執刀。下半身に麻酔をかけ、右ひざ関節内の傷ついた軟骨を取り除き、周囲のクリーニングも行った。
同じ手術を行った直後には麻酔の影響で吐く人もいるというが、吐くからやめた方がいい」という周囲の声を無視? してコーヒー、ツナサンド、チョコチップクッキーを完食。それでも胃袋が満たされず、退院直後は車を日本料理店に走らせた。
*ひざ関節痛*
ひざに負担をかけ続けることによって、軟骨がすり減り痛みが発生。症状が軽い場合の対処法としては、ひざ周辺の筋肉を鍛えることによって負担を軽減できる。
軟骨が遊離した場合は、手術で軟骨を除去するしか痛みを取る方法はない。スポーツにおいて、ひざ関節は酷使により症状が出やすい部位であるといわれる。

---ガンダムなどの原画300点展示 安彦良和展が開幕---

「機動戦士ガンダム」など数々のアニメでキャラクターデザインや作画を手がけた*安彦良和*(やすひこ・よしかず)さんの作品を集めた「安彦良和原画展」(朝日新聞社主催)が15日、京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで始まった。
初期の作品から現在執筆中のものまで、スケッチや原稿など約300点を展示。アニメ映像やキャラクターの模型も見ることができる。12月2日まで。無休。午前10時~午後8時。一般700円、高校・大学生500円、小・中学生300円。
*安彦良和*
1947年12月9日生まれ北海道遠軽町出身。漫画をペンではなく筆で描くのが特徴。
1968年:ベトナム戦争に反対する学生団体「ベトナムの平和を守る会」を結成し、リーダーとして学内外で反戦運動を展開。
1970年:学生運動を理由に弘前大学を除籍される。虫プロに入社。アニメーターとして『新ムーミン』などの制作に参加。
1973年:創映社(後のサンライズ)に移り、『機動戦士ガンダム』の作画ディレクターとキャラクターデザインを担当。
1979年:『リュウ』誌(徳間書店)に『アリオン』を発表し漫画家デビュー。
2006年:神戸芸術工科大学メディア表現学科教授に就任。
代表作:アリオン、ヴィナス戦記、ナムジ
代表的な関わったアニメ作品:宇宙戦艦ヤマトシリーズ、機動戦士ガンダムシリーズ。

スポンサーサイト

[ 2007/11/16 08:11 ] ニュース | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://znewsmain.blog122.fc2.com/tb.php/20-f60dad8a

 小学校高学年からグレ始め、中学、高校と不良として過ごした筆者。一念発起して大学進学、母親の死を乗り越えて6度目の挑戦で司法試験に合格し、弁護士として歩み始めるまでの軌跡(奇跡?)を描く。 世の中に合格体験記は数多く、受験生は有り難く拝読して夢を疑似体
[2007/11/16 21:10] 本ナビ!by Tamecom
チャチャーレ
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

 
ブログ内検索
記事検索
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。