スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/3日頭が良くなるニュース 

おはようございます。11/3日のニュースです。

---赤坂容疑者今年3月に離婚していた---

28日未明に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された元*光GENJI*のタレント・赤坂晃容疑者(34)が、今年3月末に離婚していたことが31日、明らかになった。
赤坂は高校の先輩である1つ年上の女性と01年に結婚し、02年に男児をもうけていたが、結婚生活は6年弱で破たん。赤坂容疑者は覚せい剤使用について「今年4月から」と供述しており
供述通りならば離婚直後からの覚せい剤使用だったことになる。
原因については「彼一人の問題ではないので」と明かさなかったが、話し合いによって両者合意した協議離婚だった。一人息子の親権は元妻が持ち、養育も妻側が行っている。
赤坂容疑者はこの日も取り調べに素直に応じており、離婚を含め「すべてを包み隠さず話している」という。
赤坂はこれまで離婚したことを隠し、事務所関係者にさえも秘密にしてきたが
今回の逮捕で前妻と子供に迷惑をかけていることを気にしており、元妻への取材攻勢を避けるため、公表に踏み切ったという。
*光GENJI*
1980年代終盤に一世を風靡した男性アイドルグループ。ジャニーズ事務所所属。同事務所所属のアイドルグループ・SMAPの兄貴分グループである。
1987年6月25日に、「GENJI」と「光」の2つのグループが合体されて結成。同年8月19日にポニーキャニオンから『STAR LIGHT』でレコードデビュー。1995年9月3日解散。
結成当初には「ライト・イン・シャドー」というグループ名でも呼ばれていた。
ローラー・スケートを履いてのパフォーマンスが話題となり、全国の小中学生の間にローラースケートを流行させた。
1988年には『パラダイス銀河』『ガラスの十代』『Diamondハリケーン』がオリコン年間シングルチャートの1・2・3位を独占するという、1978年のピンク・レディー以来の大ブームを巻き起こした。
1988年から1992年まで、『ミュージックステーション』にレギュラー出演していた。出演数は234回と歴代アーティストの中でトップである。
解散コンサートのチケットには、最高で100万円もの値が付き、またそれが実際に売れたという逸話を持つ。
バックダンサーグループ「平家派」には、野口隆史(後の反町隆史)も在籍していた。


---南京大虐殺本「被害者と別人」 名誉棄損認定 東京地裁---

いわゆる「南京大虐殺」の生き残りとして体験を語り続けている中国人の女性を「生き残った少女とは別人だ」と指摘した書籍「『南京虐殺』の徹底検証」をめぐる訴訟で
東京地裁(三代川三千代裁判長)は2日、書籍が女性の名誉を傷つけたと認め、著者の東中野修道・亜細亜大学教授(60)と出版社「展転社」(東京都文京区)に対し
慰謝料など計350万円を女性に支払うよう命じる判決を言い渡した。
訴えていたのは、中国・南京市に住む夏淑琴さん(78)。8歳だった37年12月、自宅に押し入った日本兵に両親ら7人を殺され、自身も銃剣で刺されたという。
判決などによると、事件翌年に米国人牧師が現地で撮影した16ミリフィルムがあり、解説文の中に「8歳の少女」が登場する。
東中野教授はこの解説文を検証して、著書で「『8歳の少女』と夏淑琴は別人で、事実を語っていない」という趣旨の指摘をした。
三代川裁判長は、解説文中の「銃剣で突かれた」という意味の英語を東中野教授が「銃剣で突き殺された」と訳したために別人と誤って解釈したと認定。
「通常の研究者であれば矛盾を認識するはずで、原資料の解釈はおよそ妥当ではなく学問研究の成果に値しない」とし、教授の指摘は「真実であるとする理由がない」と判断した。
判決後に記者会見した夏さんは「南京虐殺から70年を前にして記念すべき日で、亡くなった同胞にも一つの弔いになった。真実を述べる機会はそんなに多くない。
これからも史実を語り続けたい」と語った。東中野教授は「非常に心外だ。控訴する方針だ」とのコメントを出した。
*銃剣*
銃に装着する武器(刀剣)の一つである。小銃のように比較的長い銃身を持つ銃の先に取り付け、槍や薙刀のようにして用いる。
17世紀、フランスのバイヨンヌで起きた農民同士の争いから偶然に発明された。この地名から銃剣のことをバヨネット、乃至、ベイオネット(Bayonet)と呼ぶこともある。
このとき、興奮した農民が、ライフル銃の銃口に、ナイフを差込み、相手に襲い掛かったと伝えられている。
当時のマスケット銃は連射性能が低く、戦闘においては射撃と射撃の合間に敵の歩兵や騎兵の突撃を受ける恐れが高く、突撃を許すと近接戦闘の手段が剣しかない銃兵はひとたまりも無かった。
このため当時は、銃を持つ兵士の傍には常にパイクを装備する槍兵を置く必要があったが、銃剣の採用により銃兵は敵の歩兵や騎兵の突撃を単独で迎撃することが可能になったため全歩兵を銃兵とすることが可能となり
役目を終えた槍兵は銃兵に更新されていった。
日本には天保年間、高島秋帆の「洋式調練」以来、幕末期に洋式銃と共に導入された。
形状はソケット型装着方式の「槍型」とサバイバルナイフ形状の「剣型」があり、ソケット式のものを特に「銃槍(じゅうそう)」と呼ぶこともある。
なお、銃剣は武器である為、日本ではそのままではたとえコレクションとしても、民間人の保有は許されない。

---長女の橋転落前「手を添えただけ」 鈴香被告、殺意否定---

秋田県*藤里町*の連続児童殺害事件で、殺人などの罪に問われた畠山鈴香被告(34)の公判が2日、秋田地裁であり、3回目の被告人質問があった。
畠山被告は長女彩香さん(当時9)が橋の欄干に自分から上がったとして状況を説明、殺意をもって彩香さんを欄干の上に持ち上げたとする検察側の主張を否定した。
畠山被告は、これまでの被告人質問で「魚を見たい」とだだをこねる彩香さんにいらだち、「ここ(欄干)に乗せて背中を押したらどうなるか」と一瞬想像したことを認めていた。
この日は「実際にしようと思っていなかったので、そこ(死ぬこと)まで考えませんでした」と殺意を否定した。
*藤里町*
秋田県の北端に位置する町。昭和30年(1955年)3月31日、藤琴村と粕毛村が合併。昭和38年(1963年)11月1日町制施行。総人口4,159人。
町の北西部県境にある白神山地は世界遺産に登録され、登録区域の約4分の1(秋田県側の全て)が藤里町の町域内にある。
鉄道路線や国道、主要地方道などはない。

---北朝鮮が拉致放送に妨害電波=約1時間20分-総務省確認---

総務省は2日、北朝鮮による拉致問題解決に取り組む特定失踪(しっそう)者問題調査会が日本国内から発信している短波ラジオ放送「しおかぜ」に
北朝鮮が同日朝、約1時間20分にわたって妨害電波を流したことが確認されたと発表した。同省は*国際電気通信連合(ITU)*を通じ、ITUの無線通信規則に違反していると北朝鮮に通報。
こうした状況が続けば、ITUに妨害を中止させるよう働き掛ける方針だ。
*国際電気通信連合(ITU)*
国際連合の専門機関のひとつで、無線通信と電気通信分野において各国間の標準化と規制を確立することを目的としている。
1865年にパリで設立された万国電信連合に端を発しているため、ITUは世界最古の国際機関とみなされている。
主な業務は標準化、無線周波数帯の割当て、国際電話を行うために各国間の接続を調整すること(郵便の分野で万国郵便連合の果たしている役割を、電気通信の分野において担っている。)などであり
無線通信部門(ITU-R)、電気通信標準化部門(ITU-T)、電気通信開発部門(ITU-D)と事務総局からなる。本部はスイスのジュネーヴ。
日本は、1959年から理事国としてITUの管理・運営に参加している
加盟国は、バチカン市国及びほぼ全ての国際連合加盟国である。

---“タメ口”亀田節戻った!興毅メキシコへ単身修行に出発---

プロボクシング世界戦での反則指示行為により処分を受けた「亀田3兄弟」の長男・興毅(20)が2日、メキシコへの単身修行に出発した。
反則当事者の弟・大毅(18)と父・史郎氏(42)の代わりに先月26日に謝罪会見をした時とはうって変わり、おなじみの“タメ口”が復活。
心の傷を回復した興毅は父離れしてメキシコへ旅立ち、再起への第一歩を踏み出した。
「協栄ジムで練習して、みんなに迷惑かけてもな。メキシコで和毅(ともき)も一人で頑張ってるから、心細いやろうと。その応援も兼ねて、行こうと思う。会長とな、相談して決めた」
メキシコのアマチュア大会に参戦中の末弟・和毅(16)の応援と自身の体づくりのために、12月まで滞在する。
軽中量級の「王国」と呼ばれる地での修行について、所属の協栄ジムの金平桂一郎会長(41)と相談して決めたことを明らかにした
現地での滞在拠点「パンチョ・ロサレスジム」でのスパーリングは禁止で、走り込みやジムワークが中心となる。
お目付け役として協栄ジムの篠田誠司氏(28)が5日に合流、興毅が金平会長に電話で毎日行動報告することも義務づけられている。行動を制約される中で、ウエートダウンと体調回復をめざす。
*亀田知毅*
1991年7月12日生まれ。大阪市西成区出身。血液型B型。身長170cm、体重55kg。アマチュアボクサー
父亀田史郎が出生届を出すときに知毅(ともき)という漢字を勘違いして和毅で出してしまった、という話がある。
長男の興毅と次男の大毅は「兄弟の中で、一番才能があるのは和毅」と語っている。
在籍している大阪の天下茶屋中学校は事実上不登校。
07年夏、メキシコへ武者修行へ8月10日、メキシコのパンチョロサレスジムにて、WBCミニマム級25位のホブ・ソラーノとスパーリングしたが苦戦し2ラウンドでリングを降りた。
現地で行われた、メキシコのアマチュアの大会「グアンテス・デ・オロ」バンタム級リーグ戦(少年の部)の3戦目で、ギゼルモ・トレロと対戦。判定負けの裁定を受けたが再審議が行われ、無効試合となった。
同4戦目では、エクトル・モラレスに判定負けをしたが、日本のメディアでは、「土つかずの4連勝」「無敗の遠征凱旋」「相手を圧倒」など、報道規制が敷かれたが、実際は2敗している。

---怒濤の23機種でラインアップを一新するドコモ---

11月1日、NTTドコモは905i/705iシリーズの23機種を発表した。例年の流れからすれば、冬の*ボーナス商戦*へ新モデルを投入する時期だが、今回は春商戦へ向けたモデルも含め、一気に公開するという形になった。
これだけの機種数を一度に発表するのは、過去に例がなく、ケータイ業界としても史上最大のインパクトを与えることになる。
*ボーナス商戦*
商売上の競争の一つ。商品やサービスがよく売れる時期に企業が新製品を発売するなどして利益の拡大を図ること。代表的なものとしてボーナス商戦(夏、冬)、クリスマス商戦(歳末商戦)、お盆商戦などがある。

スポンサーサイト

[ 2007/11/03 07:59 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
チャチャーレ
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

 
ブログ内検索
記事検索
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。